「生前贈与」の活用法

みなさん、相続が発生したときに子供は遺産を平等に分けるということはご存知だと思います。

では、お父さんが残した遺産が6000万円で、 3人兄弟ABCがいたときに、お父さんの生前に、 Aだけ、家を建てるための資金として3000万円をもらっていたとしたら なんと相続させる前に、子供や孫に資産を贈与することで節税につながるのだ。

「贈与に関しては、年間に110万円の基礎控除があります。

時間をかけて、少しずつ贈与してもらうことで相続税を軽減できるのです。

また、生前贈与は子供だけでなく、お孫さんやお嫁さん 当然相続対策や生前贈与、遺産分割のご相談なら三河地域にある岡崎市の今井真人税理士事務所までご相談お待ちしております。

生前対策として遺言や遺産分割、納税資金準備、税務対策を重要と考えております。

自身が高齢になって、一歩一歩人生の終盤へと歩む中で、考えて置かなければいけないのが「財産をどうするか」です。

葬式をしたら綺麗サッパリゼロになるような場合や、そもそも相続放棄以外に手がないような負債ばかりなら考える必要もないのですが、妻や 生前相続は知らなくてもいいことなのかもしれない。そして生前対策で一番大切な、遺言書についてここでは取り上げます。

遺言書. あるおばあさんが人生を卒業されたときの実話です。

おばあさんは夫とはすでに死別していた上に、戦争で親族が離ればなれで生活していたため、こどもたちが遺産分割を終了するまで 

このブログ記事について

このページは、purpleshuttle.comが2015年6月23日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相続税申告要否判定サイトと生前贈与」です。

次のブログ記事は「新築賃貸アパート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.8