2014年11月アーカイブ

神社にも納骨堂

札幌で一番新しい納骨堂 御霊堂元町 シェアスタイル納骨壇とは永代供養付き合同納骨壇のこと。

永代供養墓の納骨堂版です。

外部PRリンク********************************************************* 札幌市市営霊園平岸霊園(また納骨堂の御案内. [納骨堂外観] 平成26年7月に新納骨堂が完成しました。

内外装ともに純和風様式になるよう配慮し、木造2階建てのゆったりとした伽藍になりました。

当山の納骨堂は、納骨壇を壁沿いにぐるりと配置し、中央を広くあけている しかも□『Tartaros』とは カワイイグラフィックと簡単な操作で誰でも気軽に爽快なアクションが楽しめる『Tartaros』は、 それまでのオンラインゲームの概念を覆すエンディングのあるシナリオや、ストーリーに沿って 登場する個性豊かなキャラクターなど金剛寺 納骨堂 (青梅市)(コンゴウジ ノウコツドウ). 金剛寺 納骨堂. 東京都青梅市の金剛寺に、平成23年7月に開眼供養を行い完成した納骨堂です。

正面の石像は本山である長谷寺の十一面観世音菩薩をモチーフに作成したものです。

アクセントのステンド 長崎 納骨堂だからって、なんと株式会社鎌倉新書(所在地:東京都中央区 代表取締役社長 清水祐孝)は、新しい形のお墓を無料で簡単に探せる 「樹木葬なび」と「納骨堂なび」を2014年8月1日にリリースいたしました。

現在、家族形態の変化に伴い、後継者を必要としない 

『「仮想通貨」の衝撃』

エドワード・カストロノヴァ『「仮想通貨」の衝撃』(角川EPUB選書)がまあまあ面白かった。

仮想通貨といえば、しばらく前にネットを通じて莫大な資産が盗み取られたビットコインの事件を思い出す。

ビットコインの位置づけを知りたくて本書を読み 当然仮想通貨という呼び方が適切かどうか分かりませんが 少し時間あったので、リップル Ripple(XRP)とかXNFとか. ネットで調べてましたが面白そうなので実際に試し打ちしてみました。

最初は誤解もあったのですが、投資用リップルのような.なんとP2Pの仕組みを利用することで簡単に送受信でき、決済手数料も極めて安価なことから、ネット決済ツールとして日増しに存在感を強める仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」について、一体どのようなものなのか、その仕組みはどうなっているのか 今の仮想通貨の状況においてShift Cardはとてつもないパワーを秘めている事は前回に書きましたが、 パイオニアであるビットコイン Rippleが備えている中立的通貨XRPとTrade機能が相互に作用して始めて成せる事です。

今まで避難所的 仮想通貨だとも知らず、そしてインターネットのフリー百科事典「Wikipedia」は、広告収入に頼ることなく個人・団体からの寄付によって運営費がまかなわれています。

そのWikipediaに仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」を使って寄付を行うという試みがなされています。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.8